痔は日本人の国民病的な要素があり、多くの人が悩んでいる症状になります。実際に日本人の3人に1人が痔もちだという話がありますが、意外と自覚していない人も多いんですよね。

痔で悩んでいる人が多いのに、実際に病院に受診する人は少なくて、受診率が50%を切るのも特徴になっています。

まあ、肛門のことなので、女性の場合には特に受診しにくいと感じている人が多いのも理解することができます。

痔については長時間座ったままなどの姿勢を取り続けるのも鬱血の原因になったりして、最近ではスマホによってトイレに長時間座る人が増えており、それによって痔になってしまうような若い人も出てきています。

昔は何となく中年の人に多いようなイメージがあったのが痔で、「働き盛りに多い」「中年以降に多い」というタイプの痔もあるので、若い人がなるイメージがなかったですが、現在はそういったことはないです。

痔については何となく、治すのが大変なのではと思う人も多いですが、実際には治療法は確立されており、よほど特殊な症例でもない限り、病院へ行けば治るのでそこまで心配する必要はないです。

ただ最近は仕事で忙しくて痔でも病院に行かない人が多くなっています。もしくは痔だと自覚してなくてそのままにしている人も多いのではないでしょうか。http://www.moleculareconomics.org/