日本人の多くが痔で悩んでいるということをご存知でしょうか?何となく痔で悩んでいる人が多いというイメージがない人も多いと思いますが、日本人の3人に1人は痔で悩んでおり、うち5割を痔核があるという現実があります。

痔には大きく分けて3つの種類があり、いぼができる痔核(いぼ痔)、上皮が切れる裂肛(切れ痔)、膿のトンネルができる痔ろう(穴痔)があります。

痔の症状の人の多くは大人であって、子どもで痔になる人は少ないですが、さまざまな要因で便秘気味になり、職場で排便するのは嫌だから、頑張って家で出してしまおうと、無理やり息んだり、洗浄トイレでお尻を重手していたりすると発祥する可能性があります。

人によっては複数の痔で悩んでいるような場合もあり、意外とやっかいな症状なんですよね。

痔については大人の人が多くなっていることからも、長年の排便習慣のようなものが、積み重なって痔核が出てきたりするです。

また切れ痔は硬い便を無理やり排せつすることで起こったりします。さらに痔ろうは便中の大腸菌などの細菌の感染によって化膿することがわかっています。

このような痔で悩んでいる人が日本人には非常に多いことがわかっており、自分が痔だと自覚しないでいる人も結構いるのではないでしょうか。詳細はこちら